« 最近心の奥底から湧き出してきた言葉 | Pääsivu | 月刊Microsoft Update 2009年7月号 »

8.7.2009

WCCF 07-08 最強チーム?の作り方 その2

前回の続き

実際のサッカーではなく、あくまでWCCFの現行基準ということでつらつら書いてます


7.守備にどのくらい裂くべきか?
 4バックの場合にはボランチを1~2枚、3バックの時にはボランチ3枚程度?
 少なくとも、今主流っぽい4バック3ボランチは枚数裂き過ぎな気がします
  3バック3ボランチはいわゆる逆台形に配置して、左右のボランチでウィングを抑える形になりますが、4バック3ボランチの場合、ボランチの左右に何の意味があるのかイマイチ微妙です(現行バージョンではSBが上がりすぎて裏を取られるというシーンが稀なため、4バック採用時に3ボランチにする理由があまりない)
 むしろ左右を上げていわゆるダイヤモンド型にした方が攻守バランスが取れていいんじゃないかと思われ
 また、4バックを極端に中央に寄せているのもよく見ますが、アレ何を意図してるんでしょうか?
 中央突破にしろ、ウィングからのクロスにしろ対応しづらい気がします(ある程度間隔を空けないとDF同士の守備範囲がかち合って上手く機能しないことがままある)
 またクロスの対策を考えている方には、4バックのCBを横向けにして縦に並べる方法を提案してみます
 もちろん、対空能力に優れた選手を入れるのは前提条件ですが
 4バック時のボランチですが、起用する選手や相手のフォーメーションによって1ボランチにするか2ボランチにするかは変わると思います
 例えばマケレレのような守備できる範囲が広大な選手を起用する場合には、2ボランチを採用するとむしろ守備範囲を狭くしてしまい上手く機能しなかったりすることがあります
 相手が中央に1つしか基点を設けていない場合は基本1ボランチで十分だと思いますが、相手の攻撃になる基点が複数ある場合、2ボランチにする必要があるかもしれません
 この辺りはケースバイケースなので、その都度一番いい位置は模索すべきだと思いますが


8.KP戦術はSにしないといけないのか?
 Sにまで上げる必要は特にないかも(ぉ
 ただ、いくつかのKP戦術(KP個人にのみ影響のある戦術?)はランクが変わると格段に動きが変わるので必要に応じてあげておくのがいいと思われ
 例えば「ファンタジーア」は、BランクまでだとKPはファンタジックなパスの出し手としての動きが多く見られますが、Aランクに上げるとKP自身がドリブルで相手をかわしてシュートといったプレイが多くなります
 ボク的にはBランクまで上がってれば、その戦術でそれなりの効果が出るような気がしています

|

« 最近心の奥底から湧き出してきた言葉 | Pääsivu | 月刊Microsoft Update 2009年7月号 »

Kommentit

Kommentoi



(Ei näytetä kommentin kanssa.)




« 最近心の奥底から湧き出してきた言葉 | Pääsivu | 月刊Microsoft Update 2009年7月号 »