« 月刊 Microsoft Update 2009年1月号 | Pääsivu | 消費税話 »

30.1.2009

オバマさんブーム

なんか演説集が売れたり、就任演説して涙流して泣いたりしてた方がいらっしゃったとか凄いことになっちゃったりしている風味ですが……日本で

正直ボク的には全く理解できない風味ですが、何がいいんでしょ?

確かに競争相手になった元捕虜のおっさんよりはマシな選択だったってのに異論の余地はないですが、そこまで手放しに喜べる話でもないと思う風味なんだけどな、日本的には
元捕虜のおっさんより日本に対してシビアな要求してくるのは間違いないし、対極東方面だと日本より中国のこと見てる人だしね……アメリカ的に現実的な視点だとは思うけど、日本から見るとあまりおもしろい話ではないと思うわけで……
ボク的にはグラベルお爺ちゃんがなってくれた方がうれしかったけどな……いろんな意味であり得ない選択だとは思いますが(マテ


ここで何度か書いてますが、多分2年目か3年目に大統領変わってるんじゃないかな……と思ってます
理由は、フィデルお爺ちゃんが言ってるのと同じ理由なんですよね
悲しいけど彼がいるところはアメリカって国だし、アメリカって国はそういう国だし……ね


P.S.
ガザ方面はほぼ思って多方向で集結したようですが、この後がまためどそう
シオニストのロビー活動方面も面白い感じになってきてるみたいだし

|

« 月刊 Microsoft Update 2009年1月号 | Pääsivu | 消費税話 »

Kommentit

あの演説で泣けるんだったら、伍長殿の演説聞いた日には体中のあらゆる穴と言う穴から汁垂れ流しまくりなんじゃないかな、ないかな?

Kirjoittanut: 凛子 | 30.1.2009 klo 11.50

Kommentoi



(Ei näytetä kommentin kanssa.)




« 月刊 Microsoft Update 2009年1月号 | Pääsivu | 消費税話 »