« セキュリティ風味なニュース 10/11 | Pääsivu | あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 10/11 うれしい悲鳴が今日も聞こえる~ »

11.10.2007

WCCF 最近やってるチーム

とりあえず、最近やってるチームを公開

●白黒チーム
レギュレーション:U-5

<スタメン>
FW:
・シニョーリ(01-02) : シュートの精度が非常に高く、FK等の精度も高い
・カイト(05-06) : FWに必要なあらゆる能力を高レベルで持っている、ポストプレイも○

MF:
・ナスリ : パスセンスの高さは白カードのレベルを遙かに超える、効果的なラストパスを出してくれる
・リベリー : このチームではナスリとともに前めのCHとして起用、ドリブルしたがるところが若干難
・レドンド : ボランチとしての守備能力とパスセンスが魅力
・ガットゥーゾ(01-02) : 白のDMFの定番、若干パワー負けするようになってきたかも

DF:
・アビダル : ボク的LSBの定番、数値以上のディフェンス能力
・ジェペス : 最終ラインの要、さらう様なスチールが持ち味
・レグロッターリエ : 高さと荒々しいディフェンスは健在
・R・コバチ : ボク的RSBの定番、サイドチェンジに弱いけど、カバーリングに関しては白レベルを遙かに超える

GK:
・タファレル : PKキーパーの割にはPKろくに止めてくれないけど、反応等に関しては悪くない、ビッグセーブは少なめだがキャッチングは上手い方

<リザーバー>
FW:
・ヴリーザス(02-03) : キレキレのときとそうでないときの差が激しいとこはあるけど

MF:
・リュングベリ(04-05) : 高精度のクロスが魅力のサイドアタッカー、リベリーの交換要員
・ダボ(02-03) : レドンド、ガットゥーゾの交換要員ながら出番がまったくない(TTリベリーの交換要員に、バックスからの中継点

DF:
・ビリカ : DFラインならどこでも高レベルでこなす最高のリザーバー
・F・コウト(01-02) : 脅威の対空能力、高さが欲しいときの交代要員ながら、レドンドと交代したりすることも

<黄金連携>
・ナスリ-シニョーリ

<獲得タイトル>
・ICC、CC、CSC、PSC、THC、2nd.Reg、LC、CT、JT

<コメント>
最近似たような綺羅使ったチームばっかりでツマんない……という理由により普段使わない黒カードを使うべく組んでみたチーム
とにかくナスリが期待を遙かに超える活躍を見せてくれ、非常にやってて楽しいチーム
FWの二人は、動きとか見る限りヘタなレア使うより活躍してくれるので、ホントお奨めです
レドンドとガットゥーゾはかなり下げめのポジショニングにしてるため、守備もかなり堅い模様で、失点も結構少なめ


●全員ディフェンダー、DADADADADAチーム
レギュレーション:U-5

<スタメン>
FW:
・R・アジャラ(LE) : 攻撃の中核、非常に高い打点のヘディングとパワフルなシュートが武器、FWでも意外と使えます
・リーセ(05-06) : 脅威の左足は非常にパワフル、ウィンガー起用が一番安定しているような気がする
・サネッティ(IS) : サイド突破が結構決まる、クロスもいい感じのを上げてくれます

MF:
・ミハイロビッチ(02-03) : トップ下で起用しましたけど思った以上に適役っぽい、ただしスタミナに難有
・マテラッツィ(01-02) : 攻撃時のヘディングもいいですけどパスカットとかも得意っぽい、中盤の守備がかなり強固に
・トゥドール(02-03) : マテほど動いてくれないけど非常に優秀

DF:
・アビダル : ボク的LSBの定番、数値以上のディフェンス能力
・ヒーピア(04-05) : 対空戦ではWCCFでも屈指の強さを見せるものの、テクニック勝負には弱いとこあり
・レグロッターリエ : 高さと荒々しいディフェンスは健在
・R・コバチ : ボク的RSBの定番、サイドチェンジに弱いけど、カバーリングに関しては白レベルを遙かに超える

GK:
・F・カンナバーロ(BE) : 思ってた以上には使えるけど、PK戦はまったく期待できない、ちゃんとキャッチングしてくれる

<リザーバー>
FW:
・ヤンクロフスキー(05-06) : 非常に攻撃的で、ヘタなFWよりかST向きなんじゃないかと
・タエタイオ : サイドアタッカーとして使うには優秀で低い弾道のクロスはよい、ただし守備に期待は全くできない

MF:
・アッピア(01-02) : 使用感はMFのアッピアとそれほど変わらず、本職の守備はパワー負けすることも
・スカローニ :

DF:
・ビリカ : DFラインならどこでも高レベルでこなす最高のリザーバー、弾道さん故障時にトップ下に組み込んだこともあったけど、スキルが生きるのでアリかも(WHとかもアリっぽい)

<黄金連携>
・アジャラ-サネッティ
・アジャラ-ミハイロビッチ

<獲得タイトル>
・2nd.Reg

<コメント>
作った動機はWカップのドイツ-アルゼンチン戦でのアジャラのCKからのヘディングシュート
背が低いにもかかわらず脅威の対空能力を秘めた彼を輝かせようとか思ったためFW起用しようと画策した結果、なら全員DFの方が面白そう……と思ってしまい、結果こんな感じに
一番選考に苦慮したのがMFだったというのはいい思い出
カップ戦こそ取ってませんが、ほとんど決勝戦でPK負けという結果だったりするので、かなりいまどきのチームとは戦えているっぽいです
選手は便宜上FWとか分類してるけど、カード的には全員DFとなっています


●トレゼゲ様チーム
レギュレーション:U-5

<スタメン>
FW:
・トレゼゲ(MVP) : 経験値がMAXになったとの動きは素晴らしい、パワーではなくテクニックで抜いていくタイプで、パワーの割に当たりには弱い、ダイレクトプレーに強い、嗅覚鋭し
・アンリ(CRA) : 現WCCFではトップクラスのFW、若干当たりに弱いところもあるが、FWに必要な全ての能力を高レベルで持つ

MF:
・ジダン(LE) : パスの精度はWCCF屈指のレベル、言うこと無し
・フィーゴ(LE) : ドリブルでの突破能力とパスに秀でたファンタジスタ
・X・アロンソ(05-06) : 04-05の方が守備に貢献してくれるような気がしなくもない
・ディアッラ : 後ろから追いかけていってのスチールに上手さがあるためファールを取られにくい、優良な守備的MF、このチームの守備の要

DF:
・アビダル : ボク的LSBの定番、数値以上のディフェンス能力
・フェラーリ(02-03) : 寄せの上手さが目立ち、高さもあわせ持つ優秀なCB
・クリス : スライディング少なめでファールを取られにくい、能力値の割に器用
・シミッチ(02-03) : 今まで使った白LSBの中でも屈指の守備力、数値以上の寄せの早さが際立つ

GK:
・ブッフォン(IT) : いうまでもなくWCCF最高峰のGK、GKに必要な全ての能力を高レベルで備えている

<リザーバー>
FW:
・シセ(05-06) : 経験値のたまりが激遅いものの、経験値の低いうちからでも活躍できる、速さが最大の武器

MF:
・デ・ロッシ(04-05) :

DF:
・ルベイエール : シミッチと違い、能力値通りの活躍を期待できるLSB、密かにリヨンの選手が多いためそれなりに活躍できる
・アレックス(05-06) : 純粋なパワー勝負では強いけど、サイドが空いてしまったときの対処などは今一つ
・シルベストル(05-06) :
・トラオレ :

<黄金連携>
・トレゼゲ-ジダン
・アンリ-ジダン
・トレゼゲ-アンリ
・ジダン-フィーゴ

<獲得タイトル>
・1st.Reg、THC、CT

<コメント>
MVPゼゲ様を輝かせたいと思って丁稚upしたチーム、育成中
守備陣が相手のセットプレイに弱いかも(ぉ

|

« セキュリティ風味なニュース 10/11 | Pääsivu | あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 10/11 うれしい悲鳴が今日も聞こえる~ »

Kommentit

Kommentoi



(Ei näytetä kommentin kanssa.)




« セキュリティ風味なニュース 10/11 | Pääsivu | あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 10/11 うれしい悲鳴が今日も聞こえる~ »