« セキュリティ風味なニュース 11/8 | Pääsivu | Software Update 11/9 »

8.11.2006

あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 11/8 映像が不適切なため文章のみでお送りしています

このトピックに掲載してあるニュースは、単にボクの趣味でベタベタはってあります
内容の真贋については、個々人の判断にて判断してください……いやホント、マジで(涙

長門有希の貪欲 [魔界都市日記]
飲みすぎは体を壊すので注意

リク投票絵・長門 [TearDrop]

だから過程(=証明)が大事なんだってば [night_in_tunisiaの徒然なる数学の日々]
RinRin王国経由
過程が大切って言うより、過程を楽しむものだと思う
RPGでいきなりエンディングを見てどうするの?ってのとボク的には一緒だったり(ぉ
ただ、アインシュタインみたいに「答えは分かるけどどうやって計算したか分からない」って人も中にはいたりするんだけどね(w;;;;

2000人の「ジョーンズさん」集め [CNN]


昨日のサカー
新白チームで5クレ、1勝2敗2分……orz
シュートできないという致命的状態……FWの経験値がたまってトラップがうまくなってもらわないとキツイ
1:1になってもGKの真正面ってシーンも多々あったしorz
反面、DF陣はがんばってると思われ
適当に組んだにしては9試合目にして薄線ではあるもののかなり連携は繋がってるので、経験値たまればそこそこ行ける……のかな?(マテ

今週のハヤテ
ピチピチのネ・コ・ミ・ミ・メイドさん♥

人間ノック見つからなかったんで、これから探してくるっ
(追記)
入荷してなかったりorz
帰り探してこ……

ふと某サイトでMtGの話題があったので
テンペストブロックあたりまではやってたりしたけど、Tombstone Stairwell・Revenant・Goblin Recruiter・Mogg Bombers・Grindstoneを入れた赤黒デッキを使ってますた
Recruiterでゴブリンを引っこ抜いてきてGrindstoneで墓地へという流れでゴブリンを墓地に持って行って、フィニッシュはRevenantかMogg Bombers(当時はTombstone StairwellでZombieトークンが出てきた際にMogg Bombersを起動すると、(Zombieトークンの数)×3ダメを相手の本体に与えることができた)でフィニッシュってデッキでした

ちなみに、MtGで一番好きなカードはBlack Viceですがなにか?

|

« セキュリティ風味なニュース 11/8 | Pääsivu | Software Update 11/9 »

Kommentit

同じくテンペストまでやってました
テンペスト辺からでしたかな、サイクルが早くなって
1年に1エキスパンション出るようになり、もう付いて
行けませんとなったのは
MtGは面白いのですがとにかく費用がね・・・オカネナイヨorz
管理人氏が万力ということで私は拷問台をチョイス(オ

Kirjoittanut: | 9.11.2006 klo 12.41

>管理人氏が万力ということで私は拷問台をチョイス(オ

The Rackの方かな?(Cursed Rackってのもあったし)
どっちにしろ、もきゅもきゅ(万力や拷問台に出てくるアレを何かの雑誌でこう呼んでた)繋がりですね♪

そういばその昔、コミケで買ったもきゅもきゅのフィギュア、どこにやっちゃったんだろう……(TT

お金がかかりすぎるのが確かにネックなんですよね>MtG
最近は昔ほどバカっ高いシングルも減ってきてはいるみたいだけど

Kirjoittanut: 凛子 | 9.11.2006 klo 14.22

拷問台はThe Rackですな
もきゅもきゅ関連のカードイラストはどれも悲哀感が漂っていて逸品でした

>もきゅもきゅ(万力や拷問台に出てくるアレを何かの雑誌でこう呼んでた)
現Game Japanの旧RPGマガジンですね

懐かしいなぁと思いながらググって見たら正式名称が

http://mtgwiki.com/%A5%B9%A5%BF%A5%C3%A5%D5%A5%A3%A1%BC%2FStuffy

>スタッフィー/Stuffy
>様々なイラストに登場している、ぬいぐるみキャラクター。
>「Stuffy」とは、開発陣から親しみを込めて名付けられた愛称で、「むかつく奴」くらいの意味。
>その名前の所為か、イラストでは散々酷い目にあっている。

いやはやホント懐かしい。

Kirjoittanut: | 9.11.2006 klo 15.50

リンク先拝見しましたけど、「時の螺旋」で復活してたのですネ(記念?にシングル1枚くらい買っておこうかな)

Wall of Wonderに登場してるのは気付きませんでした

>現Game Japanの旧RPGマガジンですね

RPGマガジンですか……何もかもが懐かしい


昨日の夜録画してあったのを見たラグーンで、ベニーが"Tally-Ho!"と言ってたのを聞いて、RPGマガジンの前身「Tactics」を思い出したり
(故うらべすう氏のコラムの名前だったりします→「Tally-Ho!」)

Kirjoittanut: もきゅもきゅダイスキー凛子 | 9.11.2006 klo 16.21

Tacticsまで遡ってしまうとお手上げですね
そっち系の雑誌を読み出したのはRPGマガジン一桁辺りでした
その前は旧コンプティークを偶に読んでた位だったかなと

>記念?にシングル1枚くらい買っておこうかな
引退後随分経ってから懐かしさから新エキスパンション買ってみるかと
勢い余ってカートンで買った物の、かつて遊んでた知人は就職してしまい
遊んでくれる人もなく押入れの肥やしにorz
間違っても勢いで大人買いなんてしてしまわぬようご注意を

Kirjoittanut: | 9.11.2006 klo 17.41

>故うらべすう氏
ピンとこなかったのでググってみましたがめがパラ
シュビビンマンの方でしたか
と、亡くなってらしたんですね
は~知らないところで結構亡くなってますねぇ

Kirjoittanut: | 9.11.2006 klo 17.48

>間違っても勢いで大人買いなんてしてしまわぬようご注意を

……ありがち杉
しかも最近は懐かしいカードが復活してたりするんで気をつけないとっ

>Tacticsまで遡ってしまうとお手上げですね

……わはー(TT
でも、リアルで読んでたのは後の方6xあたりで、古いのは書泉においてあったバックナンバーだったりしますので……と言い訳しておく(ナンノ?

Kirjoittanut: 凛子 | 9.11.2006 klo 18.12

Kommentoi



(Ei näytetä kommentin kanssa.)




« セキュリティ風味なニュース 11/8 | Pääsivu | Software Update 11/9 »