« あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 5/9 長門可愛いよ、長門 | Pääsivu | Software Update 5/10 »

10.5.2006

月刊 Microsoft Update 2006年5月号

今月も予定通り月刊Microsoft Update、出てます。
混合のラインナップは、緊急2本・警告1本の計3本となっています
きっちりしっかり当てておましょう


Microsoft Distributed Transaction Coordinator (MSDTC) の脆弱性によりサービス拒否が起こる (913580) (MS06-018) [警告]
対象はWindows 2000/XP/2003
64Bit Editionや2003 SP1は大丈夫な模様
MSDTCにDoS攻撃可能な脆弱性2件があるというもの
コードの実行や特権の上昇といった攻撃は出来ないとのこと
とりあえずパッチは当てておいた方がいいと思われます

Microsoft Exchange の脆弱性により、リモートでコードが実行される (916803) (MS06-019) [緊急]
対象はMicrosoft Exchange 2000/2003
Exchangeのカレンダーに脆弱性が存在し、Exchange Serverが特定のvCalまたはiCalプロパティを持つ電子メールを処理する際にコード実行を行わせることができるというもの
回避策も提示されていますが、根本的な脆弱性の解決には繋がらないとのことなので、パッチを当てることを強く推奨します

Adobe の Macromedia Flash Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される (913433) (MS06-020) [緊急]
対象はWindows XP
Flash 6を利用しているユーザの方が対象とのコトで…………
Flashについては当サイトでは通常の「セキュリティっぽいニュースのメモ」とか「Software Update」の方でしばしばとり上げてますけど、基本的にはFlash Playerの最新版をインストールすることで脆弱性を修正って話になりますんで、どこかで最新版出ましたってニュースが出るたびにUpdateすることを強く推奨します


Microsoft® Windows® 悪意のあるソフトウェアの削除ツール (KB890830)
恒例の付録

May 2006 Security Releases ISO Image - 日本語
恒例の付録、その2


<参考>
WindowsやExchange Serverに「緊急」のセキュリティ・ホール [IT Pro]

MSが「ウイルス削除ツール」の新版,Kazaaで感染を広げる「Plexus」などに対応 [IT Pro]

|

« あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 5/9 長門可愛いよ、長門 | Pääsivu | Software Update 5/10 »

Kommentit

Kommentoi



(Ei näytetä kommentin kanssa.)




« あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 5/9 長門可愛いよ、長門 | Pääsivu | Software Update 5/10 »