« セキュリティ風味なニュース 5/20 | Pääsivu | Software Update 5/22 »

20.5.2006

あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 5/20 映像が不適切なため文章のみでお送りしています

このトピックに掲載してあるニュースは、単にボクの趣味でベタベタはってあります
内容の真贋については、個々人の判断にて判断してください……いやホント、マジで(涙

山頂で謎のピアノ見つかる −そして謎が解ける [Tokyo Fuku-blog]

中国版「黄教授論文捏造事件」が発覚--中国メディアや市民の反応は? [CNET]

女の子の怒り方 [MYCOM]


昨日のお買い物
「フルーツバスケット (20)」(高屋奈月)
「流されて藍蘭島 (8)」(藤代健)
今回は新キャラしのぶさんメイン
油すましの天草さんはメインキャラになるのでしょうか
油すましが出てくるマンガというと、思い出すのは「すくらっぷぶっく」と「サディスティック19」…………古っorz


唐突ながら宦官の話
三国志演技の十常侍や秦の趙高なんてあたりが日本的には有名どころだけど、他にも調べると面白い人が……

魏忠賢
明を滅ぼす元凶となった宦官で、東林派を弾圧したりしたことでも有名で世界史でも覚えなっくっちゃいけない人だったりする
この人が宦官になったという理由がすごくって、元々無頼の人だった彼は博打に負けて自ら去勢することになっちゃったとか……宦官のイメージから程遠い人物像が浮かび上がってきます
その他、皇帝に「皇帝万歳」と言うのに対して、自分には「九千歳」と言わせてたりしたというお茶目な一面もあったり(マテ

和珅
清の乾隆帝に寵愛された宦官で、子の嘉慶帝の代に変わると20の罪を問われ逮捕・処刑された
皇帝への貢物とかも一度自分の私邸に集めさせて、いいものだけ抜き取ってから皇帝に渡していたとかいうお茶目なこともしてたとか
そんなこんなで蓄財しまくっていた彼の財産は当然のごとくボッシュート
貯めに貯め込んだその額、なんと国家予算(当時の清は最盛期を誇り世界でもトップレベルの裕福さを誇っている)の10数年分だったという……わぉ

ちなみに、実は最初に世界一周したかもしれないって話で最近話題にもなっていた鄭和や紙を発明(改良とも)したとされる蔡倫、史記を著した司馬遷なんかも宦官だったりします

|

« セキュリティ風味なニュース 5/20 | Pääsivu | Software Update 5/22 »

Kommentit

Kommentoi



(Ei näytetä kommentin kanssa.)




« セキュリティ風味なニュース 5/20 | Pääsivu | Software Update 5/22 »