« IT系っぽいニュースのメモ 6/1 | Pääsivu | あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 6/1 映像が不適切なため文章のみでお送りしています »

1.6.2005

セキュリティ風味なニュース 6/1

「ブラウザとセキュリティの関係」、気づいているユーザーは半数程度?[ITmedia]
50%もいるんだ……(マテ

シマンテック、スパイウェア対応の法人向けセキュリティ対策製品を発売[INTERNET Watch]

「Bagle」「Mytob」の亜種が相次いで出現--ウイルス対策企業が警告[CNET]
トロイの木馬を植え付けるBagle亜種が急拡散[ITmedia]

MS03-011(Microsoft VMの脆弱性)を狙うByteVer.C攻撃コード[NetSecurity]

MS05-016(Windowsシェルの脆弱性)を悪用してWord文書として拡散するRunExplt.B[NetSecurity]

アップル、QuickTime 7の脆弱性を修正した新バージョン[INTERNET Watch]

IE6に脆弱性、悪意のあるJavaScriptでDoS攻撃の可能性も[INTERNET Watch]
とりあえず危険度は低め

情報漏えいの脅威は社内にあり[ITmedia]

トロイの木馬使った産業スパイ事件、イスラエルで摘発[ITmedia]

ボット感染が原因か~タスクマネージャなど診断プログラムが終了する現象[INTERNET Watch]

責任はどこに?-小売チェーンの情報漏洩-(2)[NetSecurity]

カカクコム事件に見るセキュリティの本質とは[CNET]
Masuda Masashi's network engineering diary経由

カカクメソッド唯一ネ申風味[wakatonoの戯れメモ]

住基ネット離脱、名古屋地裁は認めず、判断が分かれる[MYCOM]
ボク的には、多分こっちの方の判決に集約されると思う(いくら脇が甘くても、「保護してある」という言葉がおそらく決め手になる)
昨日の金沢地裁の判決も、多分高裁でひっくり返されると思うし……さぁ狩りの時間だ(ぉ

埼玉県が都道府県で全国初のISMS認証取得、短期取得のコツを探る ■第2回■[NetSecurity]

実験段階から実用段階へ大きく前進 - 量子暗号通信、実証実験成功[MYCOM]

LinuxカーネルのISO9660ファイルサポートにローカルで攻撃可能な脆弱性が見つかる[NetSecurity]

HP-UX OSのTrusted Systemにリモートから不正アクセスが可能な脆弱性が見つかる[NetSecurity]

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)の設置に政府が託すもの ■第1回■[NetSecurity]
予算獲得の絶好のネタだってオチはないよね……
一読した感じ、内調の一部門的にしか見えないし

東京都、ワンクリック詐欺サイトの契約解除を特商法違反でISPに要請[INTERNET Watch]

セキュリティホール情報<2005/05/31>[NetSecurity]

|

« IT系っぽいニュースのメモ 6/1 | Pääsivu | あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 6/1 映像が不適切なため文章のみでお送りしています »

Kommentit

>住基ネット裁判
名古屋の場合はなんか各方面の情報をみてると審理過程に問題があるような気がしますね。
でも、金沢の判決を見るとなんとなく「攻めるポイント」が見えたように思えます。

とりあえず両方の判決文を早く読みたいなぁ (O゚・∀・)ワクワクテカテカ

Kirjoittanut: おざきたくや@雪の精霊.JP | 1.6.2005 klo 21.07

ここ最近の行政訴訟って、司法で判断をしたがらない傾向があるような気がするのでトピックにあるような論評になってたりします
地裁で勝って高裁で負けるってのも、結構よくあるんで

ボク的には金沢地裁の判決を支持したいですけど……やっぱり難しい気がする(敗北主義者に死を!)

Kirjoittanut: 凛子 | 2.6.2005 klo 14.49

Kommentoi



(Ei näytetä kommentin kanssa.)




Viittaus

Viittausosoite tähän kirjoitukseen:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576/4365887

Alla on listattuna linkki blogeihin, jotka viittaavat kirjoitukseen セキュリティ風味なニュース 6/1:

» 住基ネット差止め訴訟:金沢地裁判決「改正住基法は憲法13条に違反する」 [kitanoのアレ]
  「住基ネットは憲法13条に違反する」との判断を下した金沢地裁判決は、論理的で合理的な判決を出したと思います。 「プライバシー権」の認定、「自己情報コントロール権」の認定という憲法判断を出しただけではなく、“名寄せ”に使われ得る住基コードの危険性、住基カードの危険性、住基ネットの費用対効果において収支が“大幅赤字”であって投資のための投資にすぎない事実を認定した点も、大きな意義を持つと思います。 しかし残念ながら、名古屋地裁判決に見るように、「論理的で合理的な判決を出す」ことが司法全体の意思になっ... [Lue lisää]

Viitattu 5.6.2005 klo 4.28

« IT系っぽいニュースのメモ 6/1 | Pääsivu | あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 6/1 映像が不適切なため文章のみでお送りしています »