« あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 4/19 映像が不適切なため文章のみでお送りしています | Pääsivu | Software Update 4/20 »

19.4.2005

ミセリ投手解雇会見「自分の世界広げたい」

 読売巨人軍との契約にピリオドを打った投手ダン・ミセリ(34)が19日、球団事務所で会見を開き、解雇原因について「投球の芸術性への考え方の相違」を挙げた。

 ミセリは「優勝したいと思う時期もあったが、お互いタイミングが合わなかった。このまま投げていてもズルズル炎上してしまうし、これまでと同じ。自分の世界を広げていきたかった」と時折、笑顔を見せながらサバサバした表情で語った。

 ミセリは05年から契約をスタート。抑えから中継ぎへと活躍の幅を広げるうちに、優勝へのあこがれが冷めていった。「自らの投球芸術に集中したい」というミセリと、年齢的にも優勝願望が強かった渡辺恒夫前オーナーとの間に、気持ちのズレが生じていったようだ。


【参考記事】
巨人がミセリ解雇、復調の兆しなく見切り[日刊スポーツ]
安達祐実破局会見「自分の世界広げたい」[日刊スポーツ]

|

« あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 4/19 映像が不適切なため文章のみでお送りしています | Pääsivu | Software Update 4/20 »

Kommentit

Kommentoi



(Ei näytetä kommentin kanssa.)




Viittaus

Viittausosoite tähän kirjoitukseen:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576/3768505

Alla on listattuna linkki blogeihin, jotka viittaavat kirjoitukseen ミセリ投手解雇会見「自分の世界広げたい」:

» 安達祐美、黒田アーサー破局 [喝〜ながら〜]
黒田アーサーと破局を迎えた、安達祐美チャンですが20歳の年の差は埋めれなかったようです。女は強いです。こういうときは、女の人は「友達って」使いますね。 [Lue lisää]

Viitattu 19.4.2005 klo 18.36

« あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 4/19 映像が不適切なため文章のみでお送りしています | Pääsivu | Software Update 4/20 »