« IT系っぽいニュースのメモ 2/19 | Pääsivu | あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 2/19 映像が不適切なため文章のみでお送りしています »

19.2.2005

セキュリティ風味なニュース 2/19

【月刊 M$ Security 2005 年 2 月号】 MS05-014 特集[Windows Security Center]

Lexusが安全宣言――Cabirワームに感染しないことが判明[ITmedia]

ドコモとauが発信者番号偽装の防止策を3月から実施[CNET]

半数の企業が「ハッキングされても報告しない」[ITmedia]
黙ってれば分からないだろうって考えてるから……なんだろうな
クラックされたWebサイトの情報を流してるところとかにも、うちはもう直したから情報を削除しろとか言ってくるとこあるみたいだし(そういう所に限って、バックアップから戻しただけでまたすぐにやられたりする)

最高裁も推奨するオレオレ警告の無視[高木浩光@自宅の日記]
「受動的攻撃の被害 = 利用者の自業自得」が最高裁基準[高木浩光@自宅の日記]
サポート中止ソフトをこれからも入れさせる最高な裁判所[高木浩光@自宅の日記]
この三つは基本的に同じ記事ですんで、一番上の「オレオレ警告」の記事から読んでください
しかし、この記事読んでから半数の企業が「ハッキングされても報告しない」を読むと、日本だと半数どころじゃないんだろうなって思う

巨人たちを中心に再編の進むセキュリティ業界[@IT]

MSのセキュリティ事業が進む危ういライン[ITmedia]
Gartner、MSのセキュリティ戦略は「展望を欠く」と批判[ITmedia]

加州3万5000人に個人情報流出の警告――法整備に一石[Hotwired]

米小学校、RFIDを使った児童監視システムを廃止--保護者などの反対を受け[CNET]

セキュリティホール情報<2005/02/18>[NetSecurity]


某所より報告
NT4.0 Server環境下でMS05-010のパッチを適用したところ、ライセンス数が足りているにもかかわらず「接続ユーザー数が多すぎるためサーバに接続できない」というメッセージが現れログイン出来なくなることがあるらしい
同じ環境下でログインできるユーザもいるので接続の可・不可に何らかの法則性があるのかもしれないけど……

|

« IT系っぽいニュースのメモ 2/19 | Pääsivu | あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 2/19 映像が不適切なため文章のみでお送りしています »

Kommentit

Kommentoi



(Ei näytetä kommentin kanssa.)




Viittaus

Viittausosoite tähän kirjoitukseen:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576/2993985

Alla on listattuna linkki blogeihin, jotka viittaavat kirjoitukseen セキュリティ風味なニュース 2/19:

« IT系っぽいニュースのメモ 2/19 | Pääsivu | あまり一般的とは言えない逸般向けニュース 2/19 映像が不適切なため文章のみでお送りしています »